藥と栞

化学と読書のブログ

【第2回 化学の話】化学ってそもそも何なの?(続き)

昨日の記事では、化学を勉強する必要性について、そして化学とは何なのかについて途中までお話しました。未読の方は、ぜひこちらの記事もお読みください。 前回のおさらいをしますと、化学という学問は、以下の3つの要素に大別されます。 ①物質の構造を解明…

【第1回 化学の話】なんで化学を勉強する必要があるの?そもそも化学って何なの?

私は大学・大学院で化学を専門として学びました。そして、現在は化学メーカーの研究員として勤めています。そんな経験を活かして、高校~大学学部レベルの化学を、中高生や文系の方に向けて分かりやすく説明してみたいと思います。 今回は第一回ということで…

これ一冊で、貴方もジャズ通に ~ 中山康樹『ジャズの名盤入門』~

ジャズの名盤入門 (講談社現代新書) 作者: 中山康樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/09/17 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (21件) を見る オススメ度:★★★★ジャズに少しでも興味のある人は、絶対に読むべき一冊! は…

我々は貴重な人生の時間をどのように過ごせばよいのか ~ 森博嗣『集中力はいらない』~

集中力はいらない (SB新書) 作者: 森博嗣 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2018/03/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る オススメ度:★★★★我々は貴重な人生の時間をどのように過ごせばよいのか?その答えは、"リラックス"するこ…

【書評】森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』

オススメ度:★★★★☆「働きたくない...」そんな貴方が読むべきは、この一冊 この本、私はもう3回は読んでいる。一度買って処分して、また読みたくなって買い直した。それくらい好きな本である。もはや人生のバイブルと言ってよい。会社の新人研修で、同期全員…

【書評】架神恭介、辰巳一世『完全教祖マニュアル』~私が全力でオススメしたい一冊!~

オススメ度:★★★★★宗教に興味がある人。逆に「宗教って胡散臭い」と思う人。どちらも絶対に読むべき一冊! この本は、私が心からオススメしたい一冊だ。初めて本書を読んだのは、一年ほど前。大学の図書館で見つけて読んだ。だが、今回紹介するにあたって、…

【書評】深水黎一郎『最後のトリック』~"読者が犯人"という最高難度のトリックに挑んだ怪作~

オススメ度:★★★☆"読者が犯人"というミステリ小説がある、と聞いて好奇心が湧いた人は読むべし 数年前、メフィスト賞の受賞作一覧を何となく眺めていた。すると、ふと目に留まるタイトルがあった。深水黎一郎『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ!』いかに…

【書評】吉本佳生、西田宗千佳『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』

オススメ度:★★ビットコインの仕組みを学ぶために読むと、期待を裏切られる。 本書の読後感を、まず例え話でお伝えしたい。貴方は今、めちゃくちゃ"天ぷら"を食べたい気分だ。そこで、街をぶらついていたところ、"天ぷら"という暖簾のかかった料理屋を発見し…

【書評】豊﨑由美『ニッポンの書評』~書評ブロガーは全員これを読め!~

オススメ度:★★★☆本への愛と、稚拙な書評への怒りに溢れる一冊。書評ブロガーは必読! 書評記事を書いたことがある人。これから書く予定のある人。それら全員、まずは本書を読むべきである。本書は書評ブロガーにとっての教科書である。いまや、作家よりも書…

【書評】村上春樹『海辺のカフカ』~生きるのが辛い人に読んでほしい本~

オススメ度:★★★★生きるのが辛い人こそ、読むべき一冊 昨日から二日間で、村上春樹『海辺のカフカ』を読み切った。その感想を書きたい。私は村上春樹のファンでもなければ、アンチでもない。過去に読んだ村上春樹の作品は、『風の歌を聴け』『1973年のピンボ…