残業が無くならないのは,「残業」という言葉の響きがかっこいいせいだ。

ゴキブリが嫌われるのは,「ゴキブリ」という言葉の響きが悪いせいだ。
だから,「ゴキブリ」の代わりに,「せせらぎ」とでも呼ばれていれば,話は違っていたはずだ。
そんな会話が,伊坂幸太郎の小説にあった。
これと同じく,残業が無くならないのは,「残業」という言葉の響きがかっこいいせいだ,と私は思う。


昨日,同期との飲み会があった。
4月に入社してから,5カ月弱。
誰と話をしても聞かれるのが,「どれくらい残業してる?」ということだ。
会社には当然ながら忙しい部署と暇な部署がある。
配属先によって,何十時間も残業している奴もいれば,全く残業していない奴もいる。
幸運なことに,私は後者だ。

話題は,その場にはいないA君の話になった。
A君は社内でも激務と噂される部署に配属された。
同期の一人が,
「A君はもう月に60時間も残業してるらしい」
と言ってきた。

月に60時間も残業。
忙しい部署に配属されて可哀そうだ。
そう思う一方で,ふつふつと湧き上がるのは,畏敬の念。
私は未だに残業0。仕事ぶりも,まだまだ一人前とは言えない。
それに対してA君はどうか。既に戦力として認められている。その証拠が,月60時間の残業だ。

私も負けていられない。
来月から,残業しよう。

私が仕事熱心な人間だったならば,そう思ってしまっただろう。
その場でA君の話を聞いて,劣等感を覚えたのは私だけでは無かったはずだ。

だが、ふと思った。
「残業することがすごい」と思ってしまうのは,「残業」という言葉の響きがかっこいいせいではないか,と。

「ざんぎょう」という響きに惹かれるのは私だけだろうか?
てか「ざん」から始まる言葉全般,かっこよくないっすか?
残像とか,斬魄刀とか,ザンビアとか,ザンギエフとか。

仮に残業を,「ざんぎょう」の代わりに,「にゃんぴょう」と呼んでいたら,どうだろうか。
「A君はもう月に60時間も"にゃんぴょう"しているらしい」

途端にA君から,"仕事が出来る有能な奴"感が消え失せる。
そして,代わりに"時間内にこなせない無能な奴"という雰囲気がふつふつと漂ってくる。

日本政府にはぜひとも,働き方改革だの云々言う前に,まずは「残業」を「にゃんぴょう」に変えることから,始めて頂きたい。そうすれば,残業0。否,にゃんぴょう0も夢では無い。